印鑑について

株式会社を設立するときに必要な印鑑について

株式会社を設立するときには手続き上、いくつかの印鑑が必要となります。これは会社が将来使うものと、発起人が手続き上で必要になるものとの2種類がありますから、早めに準備をしておくと良いです。まずは必要なものを把握しておく必要があるでしょう。

株式会社を設立すれば、その後の契約などの際に、会社としての実印が必要となります。「会社の実印」と呼ばれることもありますし、「法人印」と呼ばれることもあります。また、「代表者印」と呼ばれることもありますが、どれも同じものを指します。会社は契約を結ぶときに、個人として契約を結ぶのではなく、会社として契約を結ぶことになります。

しかし、署名をして押印するという行為は誰か人間が行わなければなりません。その権利を持つ人のことを代表者と呼びます。株式会社の場合、代表取締役というのが一般的です。代表取締役は会社を代表して取引を行うことになりますから、それを示すために代表者印が必要となります。代表者印は個人の実印と同じように登録を行います。

個人の場合には役所で登録を行いますが、会社の場合には法務局で登録を行います。ですから、登記申請の前に、登録するためのものを作成しておく必要があります。会社の運営に当たって、会社の実印だけでも法的は問題はないのですが、実務的にはいろいろと不具合が生じることもあります。多くの場合には銀行印と角印があると実務的にもスムーズです。

作成する際にはまとめて作っておいた方が良いでしょうし、まとめて作った方が安くなることもあります。これらの印鑑とともに、発起人も実印が必要となります。発起人は個人の実印が必要です。実印として使うことのできるものを購入して、市区町村の役所で登録の手続きを行います。複数の発起人がいて、それぞれ実印が必要になる場合には、他の人にも登録の手続きを早めにお願いしたおいた方が良いです。

個人の実印については、車を買うときや住宅ローンを組むときなどに作成している人が多いですから、改めて作らなくても良い場合が多いようですが、必ずしもそうではありませんから、事前に確認しておく必要はあります。また、会社として必要になる印鑑は、設立するときに新しく作らなければなりません。最近では数日で作成してくれるサービスもありますから、急いで作ってもらおうと思えば作ってくれるでしょう。株式会社を設立するときには、スケジュールとして1週間くらいの期間を考えておいた方が良いです。”

最新のお知らせ

Copyright© 2016 会社設立時の発起人とはなんなのか? All Rights Reserved.